So-net無料ブログ作成

京都・琵琶湖の旅は今がチャンスです後編(^^)!  [おでかけ]

kajimeruです。
前回に続きまして今回のテーマは京都の秋旅行です。
京都の秋は嵐山を中心に紅葉が見物であります。
ただ、秋の風物詩とはいえ観光客でごった返すのは言うまでもありませんが、特に外国人観光客が東京に次ぎによく観光に訪れるのも実は京都や奈良が多いのが実情であります(>_<)
そのために外国語の表示の案内板やパンプレットは勿論ですが、従業員の接客も外国語などでの対応に必死であります。
あと、お土産も安心・安全を売り物にしておりますので日頃の努力は怠りません。
その結果、売り上げ倍増でうれしい悲鳴をあげております。
特に、中国人富裕層が買い物する時は爆買いするので土産物屋も中国特需で潤っているのは確かであります。
当面は大丈夫でありますが、いずれは来るリスクに備えて準備を行うのも今からがチャンスですので先代からの教訓を生かしましょう
それだけ京都の秋の紅葉というのは優雅な風景という自然からのプレゼントであるのです。
他にも金閣寺や清水寺さらには京都郊外の大原にあります三千院という奥寺に訪れるとさらに秋の風物詩が見られる模様です。
みなさん、もし秋の時期に京都へ旅行などで訪れたら一度は見に来て下さい。
きっと目の保養にもなります。
本日はこれでおわりますが、次回は12月11日頃に予定しておりますのでそれまでお楽しみにください!(^^)!
それでは、おやすみなさい(*^_^*)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・琵琶湖の旅は今がチャンスです前編(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
今回のテーマはこれから冬支度を迎えながら未だに紅葉日和であります京都・琵琶湖の旅前編を
お送りいたします。
今回は琵琶湖についての話題ですが、琵琶湖は大津港から毎日出港する遊覧船に乗船してそこで高級料理を食べながら秋の風景を満喫するのが琵琶湖観光名物ミシガンクルーズの醍醐味であります。
ただ、時期(厳密には冬期)によっては毎日3本しか運行しないときありますので詳しいことはホームページで調べてください。
あと、秋の時期には最終クルーズに乗船いたしますと琵琶湖を満喫しながら夕日が拝めるチャンスでありますので、もし機会がありましたら今のうちにご乗船ください!(^^)!
きっとすばらしいと思います!(^^)!
今回はここまでにいたしますが、また明日も続編をお楽しみにください(^^)
それでは、おやすみなさい(*^_^*)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バリアフリー化は今後必要不可欠になりゆる!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
今回のテーマは、バリアフリー化によって高齢者や障がいのある方が1人でも旅行ができるようになったらどんなにすばらしいことかをお送りいたします。
それもそのはずだが、最近はバリアフリーは全国のいたるところで車いすでも利用できるエレベーターやスロープは勿論だが、点字ブロックや手話での案内役の活躍などお体の不自由な方でも安心して日常生活や旅行などができるようにきめ細かな配慮がなされています。
それ自体は、私も賛同いたします。
ところで、日本のバリアフリー発祥地は何処だと思いますかな!?
みなさんは東京か大阪が始まりだと思われそうですが、実はバリアフリーの原点は全国に先駆けて岡山から始まったことであります。
それもそのはずだが実は岡山が点字ブロックの発祥地であってそのころから障がい者や高齢者などに優しく自立した生活ができるように当時としてはきめ細かな配慮があった逸話がありました。
ただ、当時は岡山県が独自で行っていたおもてなしということで全国のメディアが取材に来るくらい斬新なやり方でありました。
その後、総合的なバリアフリーの発祥として宮城県仙台市ではじめた福祉のまちづくりをきっかけに全国各地で自主的に高齢者や障がい者に優しい街作りが行われついには東京都でもバリアフリーが行われるようになって国ぐるみでバリアフリー設備が義務づけられ、そしてそのバリアフリー設備を設置しなくてはいけないことに関する法律も同時に施行されました。
つまり、日本のバリアフリーは岡山で生まれて仙台で本格的になり東京で全国に波及しブレイクした賜物であります。
こうして、今では日本列島津々浦々観光にも市民生活にもバリアフリーは欠かせない存在であります。
これからも、バリアフリーを通じて世界で活躍するのは確かであります!(^^)!
本日はこれで終了いたしますが、次回は11月9日を予定しております。
それでは、おやすみなさい(*^_^*)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行