So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年10月 |2015年11月 ブログトップ
前の10件 | -

東京行きの高速バスは人気が高い(後編)!(^^)!  [おでかけ]

kajimeruです。
おはようございます(^_^)
今回も前回に続きまして高速バスに関するテーマをお送りいたします。
なお、今回は諸事情により記事の掲載は朝にいたしましたのでご了承ください('_')
高速バスは東京行き以外にも大阪行き名古屋行きなど全国各地から大都市へ向かう長距離バスがありますが、その中でも東京行きがダントツ多いのは、実は正規のバス会社が運行する夜行長距離(関東・甲信越エリアでは日中を走る中距離バスを含む)以外にも運送会社などが運行する格安夜行長距離バスが走っているのが多いのも実は東京行きが多いのが実情であります。
それだけ東京行きの長距離バスが人気が高いのもそう需要であります。
仮に乗客が少なく需要がなければいずれは休止や廃止が待っております。
なにしろ、バスを走らせるということは燃料代や人件費の他にも定期点検などのコストもかかります。
みなさまがお値打ち価格で旅行ができるのも高速バスを運行する関係者のおびただしい犠牲によって安全と責任を行っておりますのは確かです。
私もお値打ち旅行する際は、感謝を持って自覚を持ちながら高速バスに乗車をしています。
バスの旅は重大な事故が起きればリスクは大きいが、目的地までお値打ちな価格で快適に乗車できるのが醍醐味であります。
そういう訳で時間となりました。
前回と今回の2回に分けてテーマをお送りいたしました特集はこれでおしまいにいたします。
次回は11月6日を予定にしておりますので、お楽しみにしていてください!(^^)!
それでは、失礼いたします(*^_^*)

東京行きの高速バスは人気が高い(前編)!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
今回のテーマは2回に分けまして何故東京行きの高速バスが他の都市へ向かう高速バスよりも人気が高いのかです。
それはというと、東京行きの高速バスは日中に関東・甲信越各地から東京へ向かう長距離バスもありますが、夜の間はそれを上回る状態で全国各地から東京へ向かう長距離バスが走っており、しかも1席ずつ独立しているだけではなくチケットの購入も 予約制で交渉次第ではおまけとして気に入った方と一緒であることが高速バスの醍醐味であります。
また、東京へ向かう長距離バスもターミナルの場所がいろいろありますので、間違えないようにしないといけません。
さらに、東京行きの長距離バスは飛行機や新幹線では料金が高すぎるため庶民にとってはお値打ちな価格で乗車しているのが実情であります。
なお、私なりの詳しい内容は翌日の後編で言わせていただきますので楽しみにしてください!(^^)!
それでは、失礼いたします(*^_^*)

私なりの高速バスうんちくストーリー(後編)!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
今回のテーマは高速バスが最近人気になったかを私の視点からお送りいたします。
そもそも、高速バスは高速道路を利用して都市から都市へと結ぶ交通手段であって
かつては東名や名神でしか見かけませんでしたが、最近は全国のいたる所に高速バスが走っておりますので、便利にこしたことはありませんが、予約する際に行き先を間違えないようにしないと遠回りになったり行き過ぎた分だけ損をして出発駅のバスターミナルまで徒歩で行かなくてはならないオチなどがあります。
そのために、事前に年には年を入れることもバス旅行をお値打ちで楽しめるコツであります。
高速バスは夜間走るのも多く、高速深夜バス(まれに日中の高速バス)の大半は座席が原則1人掛けシートなので隣との相席にはなりにくいのが高速バスの醍醐味であります。
そうすることでプライバシーが保てられて安心して寝られる特徴を持っております。
私としては高速バスは行き先などを事前に予約をしてから体調を整いながら乗り物酔いにならないようにすることで快適な旅となることでしょう!(^^)!
これで、2回続けて来ました私なりのうんちくストーリーは終わらせていただきます。
次回は、10月24日にブログ記事を行いますので、それまではお休みさせていただきますので堪えてくださ~い(>_<)
それでは、失礼いたします(*^_^*)

私なりの高速バスうんちくストーリー(前編)!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
今回と次回の2回続けて高速バスに関する私なりのテーマをお送りいたします。
今回は高速バスが新幹線や飛行機より運賃が安いのはどうしてかクローズアップして見ます。
その訳は、高速バスには正規の乗車料金以外にもたくさん乗車するとお得な回数券やPCやスマホなどのWEB予約による割引き料金などお値打ちな価格でいっぱいであります。
そして、バスのため高速道路を利用しても夜通し走るせいか時間はかかるけど利用者にとっては高い新幹線や飛行機のチケットを購入するよりもお得であることは確かです。
そして、格安バス会社だと正規のバス会社よりもさらに安くてお値打ちですが、そのためにコストを抑えることがあります。
各地で発生する無謀な高速バスの事故が多いのも実は格安バス会社のコスト削減が原因で経営が苦しいのに加えて、未だにどう見ても長距離なのにも関わらず1人での運転が多いのも格安バス会社の欠点且つグレーゾーン行為でも確かであります。
私としては別にそんな格安の高速バスに乗るなとは言いませんが、多少料金が高くても安全な高速バスを選ぶかリスクを覚悟でお値打ち且つ手頃な料金で乗車できる格安な高速バスを選ぶかはあなたがた自身の選択にお任せいたします。
それではあなたがたのニーズに合った楽しいバスの旅を楽しんでください!(^^)!
今日はここまでにいたします。
またあしたもお楽しみ下さい(^^;)

それでは、失礼いたします(*^_^*)

(シミュレーション)もし、豪華列車が全国のいたるところで走っていたらどうなるのかな? [おでかけ]

kajimeruです。
今回のテーマは、私なりの最近の豪華列車事情についてお送りいたします。
今巷では水戸岡デザインの豪華列車が九州を中心に走っております。
そのため、九州は観光が盛んになり収入もそれなりにあります。
また、将来は西日本でも観光豪華列車を走らせる気満々であります。
そのために、私としては豪華列車がJRと私鉄並びに地下鉄のコラボが実現することで、列車が他社線に相乗りにするだけでなく寝台車や食堂車の復活に加えて画期的なカートレインを搭載すれば家族連れやツーリングなどのドライブ旅行にも最適であります。
そういうふうに工夫さえすれば鉄道も観光も10倍楽しめる魅力があります。
そういうわけで、全国各地で本格的な豪華列車を導入して業績や乗車率をUPさせることが必要なります。
もちろん、それぞれのJR各社が誠意を持って手の込んだPRも忘れずにいくことも鉄道会社の宿命であります!(^^)!
そうすれば、最初は困難があるものの時間をかけて月日が経てば成果が実ります。
これで、本日のテーマは終わりです。
明日は、ブログ記事はお休みいたしますので堪えてください(>_<)
それでは、おやすみなさい(*^_^*)

(シミュレーションj)もし、フリーゲージトレインが活躍したらどうなるのかな? [おでかけ]

kajimeruです。
今回は新幹線にフリーゲージトレインが導入したらどうなるかをお送りいたします。
私もこのような列車が登場したら1度は乗りたいなあ~と思います。
例えば、西日本にフリーゲージトレインが導入したら九州新幹線(西九州ルート)に新幹線と在来線の相乗りによるミックス方式が定番となり、北陸新幹線でも起点の新大阪から京都までは東海道新幹線と共有する訳にはいかないため、自社の責任で新幹線の線路を複々線にして行い、そして湖西線を経由して敦賀までは新幹線が通れるように改良された在来線を通しながら行くことになり、敦賀からは再びフル規格の新幹線の線路を走って最低でも金沢(あるいは富山)までは行けたらいいなあ~と思います。
仮にも財政や自信に余裕があれば新大阪から出発した新幹線が北陸新幹線の線路を利用して東京まで行っても問題なく行けそうですが、現実面としてコストや予算並びに安全上の理由などから今の状態では限度かもしれません(>_<)
もし、新幹線が米原ルートでいけばその問題もないそうですが、ただ東海道新幹線は同じJRグループでも別会社なので現段階での乗り入れは難しいと思います。
私としては、1日も早い開通を望んでおります!(^^)!

今回はここまでにいたします。
また、あしたお会いいたしましょう(^^)

それでは、おやすみなさい(*^_^*)

(シミュレーション)もし、旅行の最中に現地先で先進国サミットが開催されたら? [おでかけ]

kajimeruです。
もし、旅行している最中に先進国サミットが開催されたら現地は警備が慌ただしくなります。
私としては、そういうときは開催地の町とその周辺地域には行かないことであります。
そして、サミット開催期間中は無事に終えるまで市民生活が制限されてしまうのです。
例えば、街中のゴミ箱が撤去されたり自動販売機や公衆トイレも閉鎖もしくは利用エリアが制限されたり、あげくの果ては高速道路や幹線道路が通行止めになってまわり道をしなくてはならない状態であります。
もし、サミット開催期間中にテロや反対運動が起きたら生死にも関わる一大事な出来事なので国の威信をかけて厳戒な警備をおこなっているのもそのわけであります。
もし、私が旅行している最中に先進国サミットに遭遇したらサミット開催前から情報を読み取り、そして旅行当日はサミット開催地とは無関係な町へ訪れることになります。
ただ、来年のサミットは伊勢志摩で行われるため旅行がしにくいのは確かでありますし、私の地元の町でも大統領や首相(総理大臣)が来るような首脳会議ではないが、開催中には先進国各国の某国務大臣による首脳会議が行われるのでこれまでのケースとは異なります。
そのために本当に用事のあるとき以外の不要不急の外出は控えないといけなくなります(>_<)
地元の町でも某国務大臣による首脳会議が開催されるので私としても歴史史上未曾有の経験になります。
つまり、メインの旅行は早めに行わなければならないし、用事も開催開始日までにはできるだけ済まさないといけなくなります(>_<)
あと、現在はフリーの状態なので予算も限られる中での厳しい旅行になるかもしれません。
そういうわけで、サミットが行われると市民生活が厳しくなるのは確かであります。
今日はここまでにいたします。
また、あしたお会いいたしましょう!(^^)!
それでは、おやすみなさい(*^_^*)


旅行時にはお菓子は不可欠なり!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。
私は、旅行するときはお菓子を持って行きます。
ポテトチップやビスケットなどの保存が効く物なら数日前から購入して準備をいたします。
そして、当日にドリンクやチョコレート並びに生菓子などを購入いたします。
それで、リスクを最小限に抑えることも必要なこことであります。
あと、購入の歳は前日までに業務スーパーや激安スーパーで価格を抑えることが大事なことであります。
こうして、準備が整いましたら必要に応じて購入すればよろしいのであります。
みなさまも無理やストレスのないように食べたい(飲みたい)ときはきちんと栄養(水分)補給を行いましょう!(^^)!

今日のブログ記事は終わりです。
また、あしたお会いいたしましょう。

それでは、失礼いたします(*^_^*)





オンラインショップにリスクはつきものなり!(^^)! [おでかけ]

kajimeruです。

本日より、不定期でお休みする場合を除いては原則として毎日記事を作成したいと思いますので温かい目でよろしくお願いいたします。

本日のテーマとしてはリスクに関わる問題点をお送りいたします(>_<)
最近巷では、オンラインショップやオンラインで予約をする方が多数でありますが、支払い方法で人気の高いクレジットカードは便利が良い反面でリスクが大きいのであります。
私としては、オンラインショップで購入したり予約する場合は安全のためにもキャッシュ(現金)かネット専用のプリベイトカード(ギフトカード)を利用することをオススメいたします。
それは、クレジットカードが利用限度額の範囲内なら問題もなさそうだが、それを超えるとストップがかかることです。
それと、もう1つの問題が最近は日本国内でも注意は必要ですが海外ではカードデータを不正にコピーするスキミングが起きていることがめずらしくありません。
このような重大なトラブルがあるから、できたら現金ないしネット専用のプリベイトカード(ギフトカード)を利用して欲しいと私は
思っております。
あと、海外旅行ではトラベラーズチェック(旅行小切手)を利用するのもいいかもしれません。

もしどうしてもネットでショッピングがしたいであれば、私がオススメしたいネット専用のプリベイトカード(ギフトカード)はオンライン関係ではAmazon、GooglePlay、iTunes、DMM、DUSK!N、PlayStation Store 、楽天市場などのネット専用プリベイトカードを利用してください!(^^)!

それを利用することによって、便利良くしかもそのネット専用プリベイトカード(ギフトカード)だから不正が少なく安全性も高いのは確かであります。

ただ、いずれのネット専用プリベイトカード(ギフトカード)も最高限度額が10000円分までが現状なので痛みも伴うけどリスクも小さいのは確かであります

私もインターネットで商品の購入やホテルなどの予約するときは現金や専用プリベイトカード(ギフトカード)を利用することでリスクを最小限に食い止めるように努力はいたしております。

あとは、各人が気をつけて利用するしかありませんのでその点につきましてはみなさまにお任せいたします!(^^)!

私からは以上であります。

それでは、失礼いたします(*^_^*)

(シミュレーション)もしも新幹線が止まったらどうしますか?(>_<) [おでかけ]

kajimeruです。
もし、ある日突然新幹線が止まったらどうしますか?
私の場合だと、東日本大震災クラスの大地震なら車内で待機して、地震が収まってから安全だと思ったら係員の誘導に従い避難を行うかもしれません(>_<)
また、仮にも私が旅行で東京行きの新幹線に乗車して東京へ向かっている最中に地震が発生して、その後東京地域(場合によっては関東地方全域)が過去に戻る未曾有のタイムスリップが発生でもしたら、私は東京へ行くのを諦めてタイムスリップをしていない他の町に訪れることがあります。
例えば、名古屋付近で東京もしくは関東地方が超常現象に巻き込まれたら名古屋で下車いたします。
浜松か静岡付近で東京もしくは関東地方に超常現象が発生したら浜松か静岡で下車いたします。
そのくらい、異常事態は怖いのであります(>_<)
そのときは、予約なしでのホテル宿泊であります。
しかし、ホテルは場合によって満室もありますので、アポや交渉も大事であります。
食事は、最寄りの町で地元の食堂へ行くことになりますし、お土産も最寄りの町で購入することになります(^^;)

それでも、私や被害を受けていない地域は無事なので最寄りの町で観光を満喫しながら、時間が来たら地元の倉敷へ戻ることになります。
それも人生勉強だと思って経験したいと思います(^^;)

今回は私なりの旅行に関する有事シミュレーションを記事にいたしましたので、次はどんな内容かお楽しみください。

なお、10月10日はブログ記事はお休みいたしますのでご了承ください(>_<)

眠くなりましたので今回はここまでにいたします(^^)/

それでは、おやすみなさい(*^_^*)

前の10件 | -
-|2015年10月 |2015年11月 ブログトップ